庭の植栽

今日の宮古島は曇り時々晴れ。気温は26℃

ずっと手付かずだった庭の植栽と畑。やっと始められました。

最初は内地の人から見た南国をイメージしていましたが、島の言い伝えなども参考に縁起のいい木を植えていきます。

左の木は「クチナシ」方言名は「カジマヤー」、他人から悪口を言われなくなると言われています。家の入口の近くに植えるそうです。

その後ろの木が「シークワーサー」、西に植えると金運がつくと言われています。

右側の木が「ソテツ」、公園や大きな施設の玄関前などによく植えられています。庭にはあまり植えられていないかもしれません。「ソテツ」は金を吸うので貧乏になるという説もあります。

庭の中心に「鳳凰木」、北東に「ヤマモモ」、まだ小さくて生垣に隠れていますが、「ブーゲンビレア」「アラマンダ」「石ギク」、その他にも「クロトン」「サンダンカ」「オオタニワタリ」「島モモ」「タンカン」「プルメリア」等を植えてみました。

まだ少しさみしいので、季節の花とフルーツを植えていきます。

Comments are closed.