コレステロール

コレステロースの値をめぐり二つの学会が火花を散らしている。という記事が、今朝の朝日新聞に載っていた。

動脈硬化学会によれば「悪玉コレステロールの値が高いと動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や脳梗塞などの病気につながる。」

今はこれが定説。

これに対し脂質栄養学会が「コレステロールは高いほうが長生きする」と発表した。というもの。

人間ドックで検査を受けると必ずと言っていいほど悪玉コレステロール(LDL)の値が高いとひっかかる私にとっては朗報である。

当然一つの指標だけでは健康は測れないが…

医療は進歩しているようで、まだ解らないことが多く存在するということか?

最近よく感ずるのは、あまりにも細分化されすぎて全体が見えなくなってしまっているような気がする。

Comments are closed.