狩俣に海中公園

今日の宮古島は雨。気温は19℃。

狩俣に海中から魚などの水産動植物が観察できる海中公園(仮称)の建設計画があります。
総事業費約9億円。うち、市の負担は1,500万円、残りはすべて補助金です。
市や宮古3漁協、観光協会などから出資金を募り株式会社を設立し運営、今年7月着工、2011年4月の供用開始の予定です。

入館者数の予測は、開館3年後で3万8600人。

宮古島の観光客数の10%程度です。
私が観光客ならば見てみたいと思うかもしれません。

このような計画をどう評価すべきでしょうか?

事業仕訳でも問題になっていましたが、基準があいまいでよくわかりません。

短期的な経済効果はあるでしょうが、環境への影響、その後の運営など心配になります。

Comments are closed.