Monthly Archives: 7月 2010

ココヤシ

今日の宮古島は曇り時々雨。気温は28℃

今年の3月に海岸から拾ってきたヤシの実を試しに蒔いていました。

1940

蒔いたといっても、ヤシの実から発芽させる方法が分からなかったので、ただそのまま土の上に置いて、水もやらずに放っておきました。

それからおよそ4か月、外見上は何の変化もありませんが、今朝、何の気なしに蹴飛ばしてみると、一つだけ動かないやつがありました。

まさか!?

と、思いまわりを掘ってみると、

2786

なんと根が付いています。

さらに掘ると、

2787

30㎝ぐらい根がのびています。

近寄ると、

2789

こんな感じです。

根が出たての時に植え替えなどで動かすのは良くないはずですが、宮古島の炎天下で放置され続けた中から発根したヤシなので、おそらくかなり強い筈です。

さらに、よく見てみると、他にも根が出始めているやつがありました。

2779

もっと寄ってみると、

2781

なるほど、こんな感じで根が出始めるのね。
念のため、これが根なので下側です。

この2つは大切に植えかえました。

2799 2791

どのくらいで芽が出てくるのか、楽しみです。

ビーチ清掃

今日の宮古島は晴れ。気温は33℃

保良魚港の西側のビーチ、大量の漂着ゴミで埋め尽くされていました。

2715

本日14:00からビーチ清掃があるというので行ってきました。

平日の昼間にこの暑さ、人が集まるのかな?と思いながら行ってみてびっくり!!

2719 2720

こんなに多くの人々が集まっていました。

作業開始からおよそ1時間。

あれだけ大量のゴミがあっという間に!

2722

こんなに綺麗になりました。

いつも、何とかしたいなと思いつつも、あまりに大量のゴミをどうすることも出来ずにいました。
それをたった1時間でこんなに変えることができました。

この綺麗になったビーチを保ってもらいたいと思います。

ハイビスカス

今日の宮古島は晴れ。気温は33℃
またいつも通りの暑さに戻りました。

「たいらさんちの農業体験」で作っていただいた、ハイビスカスの生育状況をお伝えします。

平成22 年7月20日
1年5か月と1日目

2705

花が咲きました。
幹はなかなか太くなりませんが、暑さに負けず元気です。

こちらは今年新たに植えたもの。
5か月と1日目

2711 2709

一度根がつけば後は心配ないようです。

第34回東平安名崎タートルマラソン大会

今日の宮古島は曇り。気温は32℃
朝方少し雨も降ったので過ごしやすくなった。

第34回東平安名崎タートルマラソン大会の日程が決定したようです。

今年は2010年10月24日です。

22.8㎞、9.0㎞、4.8㎞、2.0㎞、の4コースで開催されます。

事務局は、大会1週間後に開催される第1回エコアイランド宮古島マラソンにハーフの部があることから、22・8㌔の部の廃止を提案したが、委員からは反対意見が続出し、今年は継続実施することを決めた。(宮古毎日新聞)

翌週の10月31日には『第1回エコアイランド宮古島マラソン』が開催されるのに、少し日程をつめ過ぎのような気が…

まあ、タートルマラソンは島内からの参加者が多いので、参加者がかぶることも少ないでしょう。

最近、練習不足ぎみです。

カナリーヤシ?

今日の宮古島は晴れ。気温は33℃
とにかく暑い。
東京のような不快な暑さとは違うけれど、暑すぎる。。。
やはり扇風機ぐらいは必要かな?

種を拾ってきて試しに蒔いてみたら、こんなに芽が出ていました。

2662

恐らくカナリーヤシ(別名フェニックス)だと思いますが・・・

もし、そうならば成長するとこんな感じです。

kanari-yasi

20mぐらいまで大きくなるそうです。

すいかの初収穫

今日の宮古島は晴れ。気温は33℃

4月に定植してから丁度3か月。

2647 2660

スイカを収穫しました。

とりあえず、最初のひとつ。

もちろん無農薬の有機栽培です。

想像していたものより若干小さめですが・・・

味は抜群!でした。

衝動買い

近所のホームセンターを覗いていたら…

2590

ココヤシ

2592

モンステラ
モンステラは部屋の南に置くと運気がアップするそうです。

ブラブラしながら見ていると、南の島の植物が沢山あって、つい買ってしまいました。

品ぞろえがすごいので、もっと欲しいものがありましたが、置く場所がないのでこの2品だけ。

ココヤシは宮古島の海岸にも漂着していますが、ほとんど自生しているものをみません。

モンステラは昔は山にいっぱい生えていたそうですが、耕地整備で山が無くなるに伴い無くなってしまったようです。

デイゴの花

デイゴの花が咲かない。沖縄県の県花で、ヒット曲「島唄」にも歌われたデイゴ。沖縄県・八重山諸島や鹿児島県・奄美大島ではここ数年、花が咲かない状態が続いている。害虫が原因とみられるが、駆除剤が高額で、対策が遅れている。もう一度、花を咲かそうと、地元では市民が動き出した。

宮古島でも2千本以上の被害があり、現在、沖縄県が状況をまとめている。

原因とみられるのがデイゴヒメコバチ。体長1~1.6ミリ。卵を産み付けた若葉や枝は「虫こぶ」という状態に丸まり、光合成ができなくなるため、成長が阻まれて衰えると考えられている。

http://www.asahi.com/eco/TKY201007030130.html
朝日新聞 2010年7月3日

そういえば今年の春はデイゴの花をあまり見なかった気がします。

私が3月に植えたデイゴは元気に成長しています。

2581

植えたての頃は、出てくる葉が全部虫に食われてしまっていましたが、今ではふさふさに生えています。

葉の成長に虫が食うスピードが追いつかないのか、根がついて木が強くなったのか、いずれにせよ植えた木全部が元気に成長しています。