Daily Archives: 2010/2/3 水曜日

セブンイレブンで住民票

セブン-イレブン・ジャパンは2日、店内に設置した通信機能付きコピー機を使い、住民票の写しなどを発行する新サービスを始めた。休日や夜間に、居住地以外の店舗でも行政サービスを受けられるコンビニ初の試みだ。

利用できるのは、東京都渋谷区、同三鷹市、千葉県市川市の3自治体の住民で、住民基本台帳(住基)カードを持っている人に限られる。利用時間は午前6時半から午後11時までで、手数料は200~250円。印鑑登録証明書の取得も可能。

同社は総務省などを通じて、参加自治体を広げたい考え。まず7店舗でスタートし、3月には首都圏を中心とした5900店に、5月中には約1万2600店舗全店に拡大する。【窪田淳】 毎日新聞 2010年2月2日より引用

以前、私の住んでいる市の役所で市民カード(住民票・印鑑証明がとれるカード)を発行してもらった時、窓口の男性職員がカードの使い方と使える場所を丁寧に説明してくれた。
住民票発行機が市民センターなど出先機関にしか無く、市役所に無いので「ここには無いのですか?」と聞いたところ、「ここには私たちがいるので必要ありません。」と答えが返ってきて唖然とした記憶がある。

参加自治体が3自治体ということが、お役所の考え方が変わらないことを表している。

しかし、画期的サービスが始まった。
コンビニの在り方、行政の在り方も変わる可能性がある。

ちなみに、宮古島にセブンイレブンはありません。
コンビニはファミリーマートとCoco!がそれぞれ10店舗ぐらいづつあります。
しかし、ATMはありません。

便利さに慣れてしまうとコンビニが無いと不便ですが、コンビニが増え地域の商店が減っていくような流れはどうなのか…

当然、地域の商店の企業努力の問題もありますが…