Monthly Archives: 5月 2009

困っている人を探せ

地域活性学会の第二回公開シンポジウムが開催された。

テーマは、世界同時不況のもとの「新産業の育成と新事業創造」

1789

世界同時不況の今こそイノベーションが必要である。
地方の振興には産業化の方向転換、新規創業そして産学官の連携がポイントである。

早稲田の吉川智教先生によれば、イノベーション・産業の転換には不況が重要な役割を果たしてきた。
「いかなる産業も長期的に必ず斜陽産業になる」その節目で産業構造の変革が起きるとのことである。

新産業の創出には何が必要なのかとの問いには、「お金以外で困っている人を探せ」とのことである。
なるほど、一理ある。

いま私の興味の中心は、「困っている人」がいない、正確には「将来、困ることに気づいている人」がいないことである。

地域イノベーションは人財に尽きる。

適正価格

先日、面白いお店を見つけました。

石ころを売っているお店です。
調べてみると全国に結構な店舗展開をしています。

ダイヤモンドも石ころと言えば石ころですが、そのような宝石でなくカラフルな石が並べてありました。
それらを磨いたり削ったり、アクセサリーに仕立てたりして並べてあります。

価格は数百円から数千円。

店員さんに聞くと、石はタイから輸入、若い方によく売れているとのことです。
私が行った平日の昼間でも結構お客さんが入っていました。

お店でもらったチラシには、それぞれの石に健康・仕事・金銭・恋愛などストーリーがつけられていました。

1772

これは宮古島で仕入れた、星の砂と太陽の砂をストラップに仕立てたものです。

知人にこれをいくらだったら買うか聞いたところ、100円でも買わないから500円まで、一番多かったのが350円でした。

お土産のストラップならばその辺が妥当でしょう。

恐らくタイではごろごろ転がっている石ころが数百円。
宮古島の太陽の砂が350円。

たかが石ころ、されど石ころです。

富士メガネ

宮古島は今日梅雨入りしたそうです。

宮古島の日差しはあまりにも強いので、一日外にいると、日焼けで目が充血したりします。
サングラスなどをしていないと目をやられてしまいます。

やはり目は大切にしなければならないので、私もサングラスを作ることにしました。

メガネ屋さんは最近坂本先生のお話にもよく出てくる。富士メガネ。
北海道が本店のお店です。
マスコミにもよく登場します。

私もメガネとはだいぶ長い付き合いになりますが、同じお店で二度作ったことはありません。

とても興味があったので、実際自分で作りに行ってみることにしました。
さすがに北海道には行けないので、東京近郊のお店に行ってみました。

はたして…

なるほど、明らかに私が今まで知っていたメガネ屋さんとは違います。

今使っているメガネがUVカットになっていることも初めて知りました。

090518_163411 090518_163456

出来あがったサングラスがこれ!(目が悪いので度付きです。)

似合うに合わないは別として、大満足です!!

まちづくりの意義

法政大学経営革新フォーラム21に参加してきました。
隔月で開催されますが、いろいろな方のお話が聞けるので、とても有意義な会です。

1749

代表幹事の岩部金吾氏(文化シャッター代表取締役会長)

今はどこへ行っても「シャッター通り」など景気の悪い話ばかり、ここでは景気の悪い話はやめましょうと。。

1755

坂本先生のお話は、何度聞いても感動します。

中小企業のあるべき姿は?

企業は経営者次第であると。

1760

我が師匠岡本先生も久しぶりの登場です。

人口の減少、地方の衰退が著しい。
一部には都市部に住めばよいなどと考える人もいるが、地方、特に中山間地の荒廃は環境など様々な影響がある。
地域の活性化は喫緊の課題である。
地域を中心に産業を集め、競争力を高める。
生きていることを楽しめる地域づくりをしなければならない。

甚だ簡単ですが要約するとこのようなお話でした。

もっと詳しく聞きたい方は、5月30日土曜日にシンポジウムが開催されます。
地域活性学会第2回公開シンポジウム
世界同時不況のもとの「新産業の育成と新事業創造」
http://chiikizukuri.gr.jp/blog/index.html

最近少し凹んでおりました。

そもそも、まちづくりとは?
何のために、まちづくりをするのか?
誰のために、まちづくりをするのか?

今日の先生方のお話を聞いて、元気が出ました。

人間が成熟するということは、いかに自分を犠牲にし、他人のためにしてあげられるかと考えることもできます。

私たちが住む地球は私たちのものではありません、次世代の人々から借りているものです。
私たちの子たち・孫たちに、きちんと残してあげなければなりません。

自分だけ良ければ、今だけ良ければという考え方の人が多いようです。
より高度に成長・成熟する必要があります。

ハイビスカス

今日の宮古島は快晴。気温は27℃。
かなり長いこと雨が降っていません。
畑のスプリングクーラーもフル稼働です。

1743

宮古島の滞在も今日までです。

「たいらさんちの農業体験」で挿し木をしたハイビスカスもだいぶ大きくなってきたので、植え替えをしました。

1718 1720

もう少し大きくなるのを待つか悩みましたが、かなり根も張ってきていたので、思い切ってやってみました。

1722

平成21年5月10日
ふた月と22日目

ポットに植わっているときは大きく見えましたが、直接土に植えるとまだまだ小さく感じます。

もうじき梅雨入り、恵みの雨とハイビスカスの生命力に期待します。

朝日

今日の宮古島は快晴。気温は26℃。
風は東向き。
日差しは相変わらず強烈、気温は変わりませんが、暑さが一段と増したように感じます。

天気のいい日は、ほぼ毎朝、東平安名崎までジョギングをしています。

薄暗いうちに家を出て、ちょうど日の出の頃に到着します。

今日の日の出がこれです。

1491

晴れていても、このときだけ雲が出てしまうことが多いのですが、今日は雲ひとつない快晴でした。

先日、海人が「毎日この空気を浴びているから元気なのさぁ」と言っていました。

花が咲きました!!

「たいらさんちの農業体験」で挿し木をしたハイビスカスに花が咲きました!!

1459

こんなちっちゃなポットで、こんな細い幹なのに、立派な花を咲かせました。

挿し木をしてから三月足らず、驚異の成長力です。

他の子たちもずいぶん葉が増えました。
順調に成長しています。

1452

平成21年5月8日
ふた月と20日目

見た目が肝心

今日の宮古島は晴れ。気温は26℃。
引き続き暑い日が続いています。

宮古島でもよく見る鳥にヒヨドリがいます。
こいつも草を刈っていると、這い出してくる虫を狙って寄ってきます。

千葉でもヒヨドリは多く見られますが、庭の草木の芽を全部食べてしまうので、私の母は忌み嫌っております。

ところが宮古島のヒヨドリ(イソヒヨドリと言うそうです)は、少しブルーがかったかわいい感じの鳥です。

7044

これが大きくて茶色や黒ならば、また受ける感じも変わってくるでしょう。
鳥も見てくれが肝心です。

戦いは続く…

今日の宮古島は晴れ。気温は25℃。
風が北から西に変わってきたようです。
台風1号、2号と発生したようですが、連休中は良いお天気が続きました。

私は連休中ずっと庭いじり、今日で完了しました。

1309

素人の仕事にしては、なかなかの出来です。

自分でやってみなければ解らなかった事も多く、収穫大です。

そして今回のテーマ「ギンネムを根絶やしにする」は、想像以上に困難であることも分かりました。

除草剤を使わずに、いかにギンネムを根絶やしにするか、作戦の練り直しが必要です。

ギンネムとの戦いは続きます。

当り前

今日の宮古島は晴れ。気温は25℃。
引き続き絶好の行楽日和です。

会社のある保良の部落は東平安名崎の近く、島の中心市街地まで車で30分程かかります。
一番近いコンビニも車で20分程度です。

市内に行く途中の電気屋さんに買い物に行くと、なんと定休日!

1258

町の電気屋さんならまだしも、量販店なのに…
祝日、連休など関係なしということでしょう。

お昼に行こうとした食堂もお休み。

ガソリンスタンドはいつもどおり、19:00で閉店。

12661

昔は定休日があったし、夕方にはお店は閉まっていました。

便利すぎることに慣れきってしまっていたようです。