Monthly Archives: 11月 2008

宮古島市の経済

先日の新聞に”10月の宮古島市の有効求人倍率が0.39%”という記事が出ていました。
ちなみに全国計が0.80%
一番高い群馬県が1.51%
一番低い沖縄県が0.34%

数字を見るかぎり沖縄県の低さが際立ちます。
宮古島市も県全体よりは上回っていますが、かなり低い数字です。
世界同時不況の影響で輸出関連、特に自動車など県外の製造業からの求人が減っているようです。

しかし、実際に島に来て話を聞いてみると若干感覚が異なります。
ある会社に見積もりをお願いしたら、見積もりを出せるのは2ヶ月後とのこと・・・
忙しくてやっている間がないそうです。
またある建設会社は土日返上で仕事をしても追いつかないので、一部の仕事は断っているそうです。
タクシーの運転手さんと話しても、そんなに悪いという話は出てきません。

この数字と実際の感覚とのギャップ、どう説明すればいいのでしょうか。。。

夕日

ここ数日、天気が悪く寒い日が続きましたが、今日は暖かくなりました。

7011.jpg

この時期は保良の土地から、海に沈む夕日が見られます。

草刈りの進捗状況は・・・

6998.jpg

とりあえず歩道に飛び出ていた草は片がつきました。

が、しかし・・・

 7027.jpg

もう少し出来るかなと思ったら、今日は半日近くやって、やっとこれだけです。。。

本島平三

6988.jpg

イムギャーマリンガーデンの近くに居る主の名前が判りました。

悩み

6958.jpg

この雑草をどうしたものか。。。

隣の敷地は、今まさに草刈りをしています。
前の歩道の除草もされていましたが、うちの敷地からだいぶ飛び出してしまっています。
また、草を生やしたままにしていると、ゴミを捨てに来る不逞の輩がいたりします。

草を刈ってもまたすぐに生えてくるし・・・
ここで暮らす動植物たちのことも・・・

とりあえず、道路際と隣の敷地との境界をやることにします。

秋の気配

宮古島に帰ってきました。

69741.jpg

まだまだ半袖で充分。
暑からず、寒からず、いい季節です。

知多半島

知多半島の突端で有機農業をやっている方を訪ねてきました。

6927.jpg

見渡すかぎりの大根畑。
ここだけで3町歩ぐらいあるそうです。
他にもにんじん、玉ねぎ、ブロッコリー等、多品種を20町歩ほど作っているそうです。

6939.jpg

こちらは有機ではありませんが、ハーブをやっている方の農場です。
知多半島の突端で畑から海が見渡せます。
この高台でもすべての農場に水が来ています。

6952.jpg

ここは本当に突端の高台で三河湾、伊勢湾を見渡せる絶景ポイントです。

知多半島は年間400万人の観光客が訪れるそうです。
名古屋から高速で1時間弱で来られます。
その割に、まだ開発で荒らされているという印象はありません。

海に魚、自然、農業、いい素材が沢山あります。
やはり、この地域も地方特有の問題を抱えているそうです。
このようなまちを活性化させるには、どのようにアプローチが有効なのでしょうか。

裁判員制度

来年の春に裁判員制度が始まるそうです。
正直、まだどんな制度かよく知りません。
少し気になったので、HPを見てみました。

裁判員制度のHPより抜粋しました。
Q:裁判員にはどのような義務があるのですか。
A:審理や評議に出席し,評議では意見を述べてもらいます。また,公平誠実に職務を行わなければなりません。このほか,評議の秘密や裁判員の職務上知り得た秘密を漏らしてはいけません(守秘義務)。裁判員の守秘義務は,裁判員として裁判に参加している間だけではなく,裁判員としての役目が終わった後も守らなくてはならず,この義務に違反した場合,刑罰が科せられることがあります。

守秘義務があるそうです。。

先日、電車に乗ってウトウトしていると、隣からこんな声が・・・
(たぶん中年の娘とその母親。)

娘:「これ私から聞いたって言っちゃダメだよ!守秘義務があるから!!」
母:「・・・」

話の詳細は分かりませんが、おそらく娘の仕事に係る共通の知人に関する話だと思います。

おいおい、「言ってしまった時点で守秘義務は守られてないよ!?しかも、こんな公衆の面前で!!」と、ツッコミたいのを我慢して・・・

もし、守秘義務の意味が分かっていても、やっぱり話しちゃうか・・?

裁判員制度はそれなりの意義があるのでしょうが、どうせ時間とお金をかけるのならば、犯罪を少なくすることにかけるべきだと思いますが。。。

歴史的転換点

4日投開票の米大統領選の民主党候補バラク・オバマ上院議員は同日夜、支持者を前に演説し、「変革が米国に到来した」と述べ、勝利宣言した。
(2008/11/05-14:18)時事通信社

次期大統領はオバマ氏に決定したようです。

昔、パウエルが大統領になれなかったのは、「黒人が大統領になったら暗殺される。」という理由だったと聞いたことがあります。
そのような歴史的・文化的な問題を乗り越え、「変革」を選んだアメリカ人の底力を感じます。

それに比べ、全く変わることのできない日本。
このままでは日本のグローバルな競争力は低くなる一方です。

もっとグローバルな視点、長期的な視点を持つ必要があると考えます。

自然の驚異

少し寒くなってきたので、夏の間ベランダに出していた観葉植物を部屋の中に入れました。

6903.jpg

日照のせいか部屋の中とベランダでは、葉の勢いが違います。
もっと驚いたのが、ベランダのコンクリートの上に置いたものと、プランターの土の上に置いたものとの違いです。

6901.jpg コンクリートの上に置いたもの。

6902.jpg プランターの土の上に置いたもの。

下の鉢は根が飛び出して、土の中に根を張っていました。
根がどのようにして土のありかを感知するかは分かりませんが、自然の力の驚異を感じます。

植物も狭いところへ押し込まれると窮屈なんでしょうか。。

奇跡のリンゴ

少し前に読んだ本で「奇跡のリンゴ」という本があります。
NHKの『プロフェッショナル』で放送された、「絶対不可能」を覆した農家木村秋則さんの記録です。

1000.jpg

リンゴは虫や病気に弱いので、農薬散布は避けられないというのが常識だそうです。
その常識を覆し、不可能を可能にしたというお話です。
“壮絶”としいか言いようがありません。

考えさせられます。

諦めてしまえば、そこですべて終わりです。
まず、やってみることが重要です。